Robin's egg blue

キャスト製球体間接人形との戯れの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タティングレース体験会

以前から興味があって本屋さんでいくつか本をパラパラみていた
タティングレースの体験会に行ってきました。
本だと編み方がさっぱりわからなかったのですが、
対面で教えていただくと「ほー、なるほど(先生は凄く簡単そうにサクサク編む)」
自分でやってみると「え、えっ、指が動かないっ 網目も揃わないっ 難しい!!」
という感じで難易度は私には高かったのですが
奥が深くって指と糸とシャトルで繊細なレースが
(練習すれば)編める、というのは魅力的ではまってしまいそうです。



右の白い歪なものがマイファースト・タティングです・・・
あまりのへたくそさにひとりでくすくす笑ってしまいました。

グレーは自宅で自主練後に編んだもの。
ちょっとは上達してきた・・・かな?

先生は
「ブレスレットやちいさなモチーフならすぐ出来るからやってみたら? 
 楽しいわよ~♪」
とおっしゃって色々作品をみせてくださいましたが、
あ、これラリアットにしたら(サイズ感が)ドールに良さそう、
縁編みで美しく飾られたハンカチはこれはドール服の裾に施したらきっと映える、
ぜーんぜん違う方向へ思考がフル回転してました。

でも本当にため息がでるほど素敵でした。

もっと練習して上手になってお人形の洋服につけるレースを自分で編みたい
クッションとかリネン類に縫いつけてもきっと可愛いよっ


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。